一般診療

乳幼児健診

予防接種

ハレノテラス C棟2F

048-685-0880

WEB予約

お子さんが病気かな?
と思ったら

クローバー もし、
体調が
悪くなったら
・・・
クローバー

熱の高さ=症状の悪さではありません 大切なのは”全身の状態を見ること”です。
病院にかかるとき、医師に伝えたいポイントはココ!

1.全身の状態をチェック! 日常生活の様子はいつもと比べてどうか

普段の子どもの様子をよく見て知っている保護者からの「いつもと違う」という情報は、医師にとってとても重要!

~こんなところを見てみよう~

食べる(飲む)
寝る
遊ぶ
出す(おしっこの回数・量、うんちの状態)

2.発熱、その他の症状は「いつから」「どのように」変化しているか

医師にキチンと伝えるために、体温や症状の流れをメモして病院へ持って行くとよいでしょう。
その際、以下からダウンロードできる「こどもからだメモ」にメモいただいてもよいですし、お薬手帳にメモしたり、熱型表アプリを活用いただいても構いません。
「こどもからだメモ」はお子さんの体調管理をするうえで、普段から持っていると便利です。ぜひご活用ください。

こどもからだメモ

「こどもからだメモ」はこちらからダウンロードいただけます≫

3.特徴のある症状を記録する

ウンチや皮膚の様子などは、スマホで撮影して持っていくと診察の助けになります。
また、咳の様子を録音しておくのも良いです。

4.薬についての希望があれば正直に伝える

医師はすべての希望に応えられるわけではないですが、希望は聞いてくれます。

「薬を飲ませたい(薬がないと不安だ)」
「なるべく薬を飲ませたくない」
「抵抗を感じる薬がある」
「心配せず、見守っているだけで大丈夫かどうか」

クローバー 悩んだ時のお役立ち情報「救急の判断」 クローバー

救急車?救急外来?明日の朝まで様子を見る?
電話相談やインターネットであっても、子どもの症状をよく観察しておくことが肝心です。
電話ではなおさら、「全身の状態がいつもと比べてどう違うか」を具体的に伝えましょう。

主な救急相談窓口

こどもの救急(インターネット)

今すぐ病院を受診すべきかどうか、判断の目安がチャート式で分かります。

こどもの緊急

埼玉県救急相談センター(24時間365日)

『#7119』
急な病気やけがの際に、家庭での対処方法や医療機関への受診の必要性について、看護師が電話で相談に応じます。

(1)
子どもの相談(小児救急電話相談) ※対象:中学生まで
(2)
大人の相談(大人の救急電話相談)
(3)
医療機関案内(子供・大人に対応しています)

小児救急電話相談

『#8000』
休日・夜間の急な子どもの病気の対処の仕方を相談出来ます。
埼玉県 実施時間帯
平日(月~金曜):19:00~翌朝7:00
土曜:19:00〜翌朝7:00
日曜・祝日:7:00〜翌朝7:00

【公式】埼玉県AI救急相談

気軽に相談できるチャット形式の埼玉県AI救急相談もあります。
家庭での対処方法や医療機関受診の必要性などが分かります。

埼玉県AI救急相談はこちら≫

クローバー 日頃から学んでおきたいお役立ち情報 クローバー

大阪市消防局「ボジョレーに教わる救命ノート」

からだのしくみからアニメやゲームで学ぶ予防救急、応急手当の仕方まで身に付けられます。

大阪市消防局「ボジョレーに教わる救命ノート」はこちら≫

佐久市医師会「教えてドクター」

子育てと医療、災害、心にかかわるわかりやすい情報が満載です。

佐久市医師会「教えてドクター」はこちら≫

ハレのこどもクリニック

〒337-0006
埼玉県さいたま市見沼区島町393番地
ハレノテラスC棟2F

お電話・お問合せ
048-685-0880
院長
早川 依里子(はやかわ えりこ)
診療内容
一般診療・乳幼児健診・予防接種
アクセス
  • JR東大宮駅東口から約1km
    (徒歩約13分)
  • 東大宮バイパスから車で約3分
日祝
9:00~12:00
14:00~16:00
16:00~18:00

:予防接種、乳幼児健診
休診日:木曜日、日祝日